香川県総合建設センター

  • 入会案内
  • 協会概要
  • 会員特典
  • 住宅瑕疵担保責任保険
  • 工務店サポート事業
  • 耐震・住宅リフォーム相談窓口
  • 各種講習会
  • 取扱共済制度

労働保険

  • 一人親方特別加入制度
  • 事業主特別加入制度
  • 労働保険とは
  • 各種助成金

建設国保組合

  • 建設国保とは
  • 加入資格
  • 保険料
  • 保険給付
  • 特定健診
  • 支部行事予定
  • トップページ
  • アクセス
  • リンク
  • お問い合わせ
一人親方労災とは費用について加入手続き補償内容
一人親方労災保険

一人親方労災保険とは

労災保険特別加入制度について

 労災保険は、本来、労働者の業務または通勤による災害に対して保険給付を行う制度ですが、建設業の一人親方など、労働者以外でも、その業務の実情、災害発生状況などからみて、特に労働者に準じて保護することが適当であると認められる一定の方には特別に任意加入を認めています。これが、特別加入制度です。
 一人親方として加入要件を満たす方が特別加入する場合、一人親方の団体の構成員として特別加入することとなります。 当センターでは建設業の一人親方団体、一人親方労災保険協会(HRK)を設立し、加入手続きを行っています。

加入できる一人親方とは

 労働者を使用しないで建設業の事業を行うことを常態とする自営業者及びその事業に従事する家族従事者や企業の役員等が対象となります。なお労働者を使用する場合であっても年間の使用日数が100日を未満ならば一人親方に該当します。個人・法人は問いません。
 ※従業員を常時雇用している場合は中小企業事業主としての特別加入できる場合がありますので、

  別途ご相談ください。

加入対象地域

 香川、愛媛、徳島、高知、大阪、兵庫、岡山、広島

▲ このページのTOPへ 

費用について

  一人親方労災保険に加入する場合、国に納める労災保険料と当センターの年会費12,000円が必要になります。
*4月から12月までの加入は、年会費(月1,000円)1月から3月加入の場合は、年会費(一律4,000円)になります。  詳細は加入時月割算出表をご確認ください。

 なお、労災保険料は、給付基礎日額に応じて決まります。

  支払額 支払時期 支払方法
加入年度 労災保険料(月割分)+年会費12,000円(月割分) 加入前 銀行振込
次年度以降 次年度の労災保険料(一年分)+年会費(12,000円) 3月中旬 口座振替

 

 加入時支払額自動計算

 以下の計算フォームで加入月と基礎日額を選択し「計算」ボタンをクリックすると

 労災保険料と年会費の計算ができます。

  加入月   基礎日額  

労災保険料
年会費
加入金
合  計

給付基礎日額とは

 給付基礎日額は、保険料及び保険給付額を算定する基礎となるものです。特別加入を希望する方が、3,500円から25,000円までの16段階の中からご自身の所得水準等を考慮のうえ選択し、都道府県労働局長に承認された額がその方の給付基礎日額となります。

▲ このページのTOPへ 

加入手続き

加入者様のお手続き

 1.給付基礎日額の選択

  3,500円から25,000円までの16段階の中からご自身の所得水準等を考慮のうえ給付基礎日額をお選びください。

 2.加入申込書等の提出

  加入申込書・確認書にご記入のうえ、本人確認書類のコピーを添えて、下記住所に郵送、または下記FAX番号に送信してください。

  

住所 〒760-0077 香川県高松市上福岡町984-1 一般社団法人香川県総合建設センター
FAX 087‐862‐3633

  >>加入お申し込みはこちらから【一人親方労災保険協会(HRK)】

 3.労災保険料等の振込

  加入時月割算出表を参照して、ご希望の給付基礎日額及び加入月に該当する労災保険料と年会費の

  合計額をお振込みください。

  銀行振込口座

銀行名 百十四銀行 東支店
口 座 普通預金 1123329
名 義 一般社団法人香川県総合建設センター 一人親方

銀行名 香川銀行 木太支店
口 座 普通預金 3536619
名 義 一般社団法人香川県総合建設センター 

上記の手続きが完了しましたら、以下の手続きを当センターにて行います

・加入申込書・確認書の到達と保険料・年会費の入金確認ができ次第、加入手続きを開始します。
・保険適用日(加入日)は、当センターが労働局に「労働者災害補償保険特別加入に関する変更届」を提出した
 日の翌日以降となります。
・提出後に申込確認書をお送り致します。加入証明書は、労働局より承認書が交付され次第、郵送します。

◆年度更新

・加入後は毎年2月上旬に「年度更新のお知らせ」を当センターよりお送りし、3月中旬に翌年度の保険料と

 年会費をご指定の口座から振替させていただきます。4月上旬に新しい加入証明書をお送りします。

▲ このページのTOPへ 

特別加入時の健康診断

健康診断が必要な場合

 特別加入を希望する方で、下記の「特別加入予定者の業務の種類」に応じて、それぞれの従事期間を超えて

 当該業務を行ったことがある場合は、持別加入を行う際に健康診断を受ける必要があります。

◯ 健康診断が必要な業務の種類

特別加入予定者の業務の種類 特別加入前に左記の業務に
従事した期間(通算期間)
実施すべき健康診断

 粉じん作業を行う業務
(じん肺法施行規則別表に定める作業及びアスベスト除去作業等)

3年 じん肺健康診断
 振動工具使用の業務
(さく岩機、鋲打機、チェーンソー、チッピングハンマー、コンクリートブレーカー、ブッシュクリーナー等)
1年 振動障害健康診断
 鉛業務
(酸化鉛、水酸化鉛、塩化鉛、炭酸鉛、珪酸鉛等)
6か月 鉛中毒健康診断
 有機溶剤業務
(アセトン、エチルエーテル、キシレン、クレゾール、クロロベンゼン、クロロホルム等)
6か月 有機溶剤中毒健康診断

◯ 健康診断が必要な場合の手続きについて

 健康診断が必要な場合は、初めに「特別加入時健康診断申出書」を特別加入団体を管轄する労働基準監督署長に提出します。申出書の業務歴から判断して健診の必要がある方に、「特別加入健康診断指示書」及び「特別加入時健康診断実施依頼書」が交付されますので、依頼書を当該健診実施機関に提出します。健診費用については、国が負担します。健診を受けた方は、健康診断証明書を申請書に添付して署長に提出します。申出書は申請書と同時に提出することもできますが、この場合には健診後速やかに健康診断証明書を署長に提出します。

◯ 特別加入が制限される場合

 加入時健康診断を受けた結果、次の場合には特別加入が制限されます。

特別加入予定者がすでに疾病にかかっており、その症状又は障害の程度が一般的に就労することが困難であって、療養に専念しなければならないと認められる場合には、従事する内容にかかわらず特別加入は認められません。

特別加入予定者がすでに疾病にかかっており、その症状又は障害の程度が当該業務からの転換を必要とすると認められる場合には、当該業務以外の業務についてのみ特別加入が認められることになります。

▲ このページのTOPへ 

 

補償内容

特別加入者が業務上又は通勤途上による災害により負傷した場合、次のような補償を受けることができます。

給付の種類 支給の事由 給付の内容 特別支給金
療養補償 療養を必要とするとき 療養に必要な費用  -
休業補償 療養のため仕事をすることができずに休業するとき 給付基礎日額の6割を休業4日目から支給 給付基礎日額の2割を休業4日目から支給
傷病補償年金 療養開始1年6ヶ月を経過しても治らず傷病等級に該当するとき 給付基礎日額の1級313日分から3級245日分の年金 一時金1級114万円から3級100万円
障害補償年金 傷病が治った後に身体に障害が残ったとき(障害等級1級から7級) 給付基礎日額の1級313日分から7級131日分の年金 一時金1級342万円から7級159万円
障害補償一時金 傷病が治った後に身体に障害が残ったとき(障害等級8級から14級) 給付基礎日額の8級503日分から14級56日分の一時金 一時金8級65万円から14級8万円
介護補償 傷病年金又は障害年金受給者のうち等級が1級又は2級の方 介護費用(上限あり)  -
遺族補償年金 死亡したとき 遺族の人数に応じて、給付基礎日額の245日分から153日分の年金 一時金300万円
遺族補償一時金 死亡した方に遺族補償年金を受ける遺族がいないとき 給付基礎日額の1000日分の一時金
葬祭料 死亡した方の葬祭を行うとき 給付基礎日額に応じて42万円から120万円  -

 

お問い合わせはこちら