リフォームについて

リフォームを思いついたら、まず何をすればいい?

直して暮らすに必要な3つのポイント 快適性、安全性、デザイン

リフォームとはリノベーションとは

リフォームリフォームとは

家の性能やデザインを今より良いものに変えること全般を「リフォーム」といいます。最近よく耳にする「リノベーション」も実は同じことを意味するのですが、リフォームの中でも大規模な工事で魅力的に変えることを表す場合が多いようです。

リフォームをはじめよう

問題点や要望を整理

家の問題点、それをどう直したいかをリストアップし、優先順位をつけます。リフォーム後の家のイメージを家族で話し合い、大まかな予算も考えておきます。

イラスト
情報収集・会社探し

施工会社の特長や得意なリフォームを調べ、要望に合った会社を3社ほど選びます。まずはこの本で施工例や会社情報をチェック。参考実例も集めておくといいでしょう。

イラスト
相談・現地調査

02で選んだ会社に要望と条件を伝え、プランと見積りを出してもらいます。相談は有料か無料かの確認を忘れずに!この段階で「建物診断」を受ける方法も。

イラスト
プラン提案・見積もり

プランと見積りを比較検討。見積額以上に費用がかかることはないか、工期の目安などを聞いておきます。ローンを利用する場合、この段階で金融機関に相談を。

イラスト
会社決定

1社を選び、プラン確定に向けて打合せを行います。納得できるプラン・会社を選ぶことが大事なので、ここで妥協するのはNG。気に入った会社が見つからないなら、再度04へ。

イラスト
契約・工事スタート

最終プランと見積額を、設備機器の品番に間違いがないかを確認するぐらいしっかりチェック。納得いけば「工事請負契約」を結びましょう。融資の契約もこの段階で!

イラスト

リフォームで変えられることは?

戸建て住宅

戸建住宅イラスト 構造的な理由、法律的な理由

4つの注意ポイント

構造や法律の制限で自由にできないことや、
費用の問題やリフォーム後の不具合などで困らないようにするための注意ポイントです。

間取り変更

造的に必要な柱や壁を動かしたり、取ったりすることはできませんので、その制約の範囲内になります。間取り変更の自由度が高いのは、「木造軸組工法」と「鉄骨造」の家。

間取り変更イラスト
水回り

トイレや洗面台を取り換えるだけでも、床や壁の張り替えも必要になります。人気のタンクレストイレは、水圧が低いと充分に流れないことがあるので注意。水圧や配管状態なども確認しましょう。

水回りイラスト
窓

大きい窓への入れ替え、増設は自由にできません。壁に穴を開けることになるため、建物の耐震強度に係るからです。また、窓の位置やサイズは変更せず、窓を新しいものに替える場合でも、方法によっては外壁補修が必要になってきます。

窓イラスト
増築

延床面積を「建ぺい率※1」「容積率※2」の制限の範囲内に、一定の面積以上の増築は確認申請が必要で、既存の部分についても現行の建築基準法の適用を受ける場合があります。場合によっては斜線制限※3も関係してきます。

増築イラスト

※1:敷地面積に対する建築面積の割合の上限を「%」で示すもの。都市計画の用途地域によって異なります。増築の場合、この範囲を超えてはいけません。

※2:敷地面積に対する延床面積の割合の上限を「%」で示すもの。都市計画の用途地域によって異なります。増築の場合、この範囲を超えてはいけません。

※3:建物の高さを制限するもので、隣地斜線制限や道路斜線制限などがあります。それぞれ一定の条件によって制限。これとは別に用途地域による「高さ制限」も。